chrome blog

Chromebookとか、ライフハックとか

イヤイヤ期の子供には、声をかけてから30秒待ってみよう

絶賛イヤイヤ期な3歳児(男の子)のパパを務めておりますkojiです。

どうやらイヤイヤ期とは、自分でやりたい、自分の考えでやりたいという自我の芽生えみたいですね。

とはいえ、親からすれば何でもやらせてあげる、やってあげるわけには行かず。。

事例1、自分でやりたいパターン

  • 飲み物自分でつぐからね!
  • →(この前滝のようにこぼしたから…せめて)一緒にやろうね!
  • →やだー!!自分でやるの!!

事例2、言うこと聞きたくないパターン

  • 遊んでて遅くなっちゃったし、そろそろお風呂入ろ〜。
  • →やだ!後で入るの!
  • →(後でっていつだよー(汗

事例3、甘えたいのは分かるけどパターン

  • 抱っこ抱っこ抱っこ〜!
  • →(ずっと抱っこしてたからもう腕が棒だよぅ…)手つないで歩こ!
  • →やだー!抱っこがいいの!!

と、まぁ、こんな感じで毎日バタバタやっておりますが…最近気づいたことがあるんです。

それは…子供はとりあえず、ヤダ!と行ってから考え始めてるのかも、ということ。

一声かけて、ちょっと待ってみよう

  • もちろん上から言ったって伝わりません。まず子供の目線で一声かける。
  • ヤダ!を間に受けずに、ちょっと待つ。30秒くらい。
    • 近くで見てるとダメみたい。ちょっとだけ離れて。
  • 子供なりに考えたこと、聞いてあげよう
  • それから、どうするか決めよう

大人顔負けの、落とし所(?)を言ってきたりします。 それもまた、楽しい。

さいごに

  • 子供がスネたら30秒待ってみよう
  • 子供も考えてる、きりかえじかん