chrome blog

Chromebookとか、ライフハックとか

電子ピアノを CASIO GP-300BK に買い替えた

1年ちょい前くらいに、奥さんのために電子ピアノ KORG LP-380 WH を購入していた。

過去記事:
chrome.hatenablog.jp

これをCASIO GP-300BK に買い替えたお話。

KORG LP-380

KORG 電子ピアノ LP-380-WH 88鍵 ホワイトこのLP-380をDisるつもりは全くない。 コスパの意味では最強クラスと言える。

ただし奥さんとしてはかなり物足りない状態になってきた。 というのも、10年ぶりくらいにピアノを本格的に習い、レベルが上がるにつれ、 リアルピアノ(グランドピアノ)と電子ピアノが違いすぎて、LP-380では練習にならなくなってきたようだ。

素人目に見れば、タッチの違いとか?と思ったが、レベルが上ってきた奥さんとしては、 電子ピアノでは簡単にきれいに聞こえてしまう。グランドピアノの練習にはならないなどなど、 違いがわかる人になったが故の悩みを抱え始めていたようだった。

ピアノの選定

まず、リアルピアノの購入を検討した。しかし今の住まいを考えるとグランドピアノは厳しい。 アップライトピアノも次第点だが、これも住まいの関係上、 基本サイレント(ヘッドホンだけに音が伝わるように改造)利用となる。 加えてグランドピアノとはまた別物のピアノであるため、練習効果のUp度合いがイマイチそうだった。

となると、選択肢は電子ピアノに買い換える、だ。 楽器店等に何度も通って試弾を重ねたが、YAMAHAやKAWAI含め、ほとんどが 簡単にきれいに聞こえてしまう電子ピアノだった。

そんな中、一つだけ異色を放つ電子ピアノがあった。

CASIO GP-300

Casioといえば時計は最強だが、電子ピアノでは廉価版のイメージが強く、ぶっちゃけ選択肢から外していた。ところが、だ。

カシオ 電子ピアノ(ブラックウッド調)【高低自在椅子&ヘッドホン&楽譜集付き】CASIO CELVIANO(セルヴィアーノ) GP-300BKこのGP-300を1時間ほど試弾した奥さん曰く、 良くも悪くも、弾いた結果がそのまま音になる。簡単にきれいな音がだせない。 何度か試弾した奥さん曰く、最初はイマイチかと思ったが、弾いているうちに楽しくなってきた。 もちろん本物のグランドピアノがベストだけど、(電子ピアノしか選べない)今の環境を考えると、このピアノがベターかも ということだった。

そうか、やるなCasio。と思いながら購入を決意した。

購入したもの

GP-300 は電子ピアノなのだが、中に本物と同じようなアクションが入っている。 床下への振動音が心配だったので、防振マットも合わせて購入した。

また、練習時はヘッドホンかつかなり大音量のため、耳がしんどくなった。 そのため、若干音が抜けるオープンエアで、電子ピアノ向けに良さそうなヘッドホンを追加購入した。

Roland ローランド モニターヘッドホン RH-A30

Roland ローランド モニターヘッドホン RH-A30

簡単なレビュー

利点は上記の通りなので、欠点側を書いておく。

1つ目は、ペダルがいまいちかも、という点だ。使っているうちに異音を出し始めたので、 Casioのサービスさんに連絡して部品交換・点検してもらって改善したが、もう少し様子見というところ。

2つ目は、ある程度の大きさと、かなりの重さがある点だ。中にアクションが入っているからしょうがないが、 大人2人でも運ぶのはかなりしんどい。ピアノ業者さんに設置してもらった後は、簡単には動かせないと思ったほうが良い。

3つ目は、くどいようだがリアルピアノではない点だ。 グランドピアノに近づけてあり、練習効率としてもかなり高いが、やはり本物には敵わない。 そこだけは過大な期待を持たず、必要に応じてリアルピアノをレンタルするといった対応を取ることにした。

さいごに

ピアノをわりとガチで練習したいが、住宅環境を考えると電子ピアノ…という方には、 CASIO GP-300 が良いかもしれません。うちは買っちゃいました、というお話でした。